From the blog

朝起きたら左眼に殴られた⁈と思わす程の出血が。

それを見てビックリした約2名に病院行きをススメられたので、恐らく大人になってから(社会的に大人として認められているかは別として…)初めて眼科なるものへ。

小さい頃から視力だけは、繰り返すが視力だけは良かったので本当に眼科には縁がない。

なので家から一番近い所をネットで探し、いざ眼科へ。

午後一に行ったせいか、高層ビルの中にあるせいか患者はゼロ。

すぐに呼ばれ診察の前に先ずは視力検査。

小学生の頃は両眼とも2.0だったが検査の結果、両眼ともに1.2。

大人の視力の相場⁈平均⁈を知らないので、この数値がどうなのかは分からない。

そんな事より、検査の途中で眼の前に丸いレンズのような物を置かれ
『レンズありと無しではどちらが見えやすいですか〜?』と聞かれ『無いほうが…』と答えたのだが、スタッフの人はただ『ハーイ♪』と言っただけで検査終了。

エッ⁈ 何⁇

その事には一切触れず先生の診察も終わりお会計へ。

薬局で目薬をもらい自転車で帰路へつくも何だかスッキリしない。

モヤモヤしながら信号待ちをしていると、不意に『老眼』の二文字が。

その後、何故か自転車のギアを一番重くしペダルを漕ぎ始める。

老いへの小さな抵抗か…

遠くを見つめる木曜日の午後でありました。

PR:優駿プラセンタの口コミレビュー

LINEで送る
Pocket